THE LIFE MAP


by balloon241274
どメガ久しぶりですww

約3年8ヶ月の旅を終えて

PIT INNしていたワンリトルトラベラー とに丸ジャパンです。

生きてますww


日本の旅から世界一周の旅を終えての事をずっと書こうと思ってたのですが

なんかあんまり書こうという気になれず、次の事ばかり考えてテンパリぱなしでしたw

いや、今もその真っ只中です037.gif

でも、ブログは今やっと書けました~058.gif

旅に出たのは、ちょうど4年前の今日

その日から今日までの

旅中に思った事とか書き残しとか、帰ってきてから今までの事を

チャンプルしてお送りしていきま~す034.gif


まず最初に旅で感じた事は

旅で行った国数が多けりゃいいのか?というと そうでもないし・・・

じゃ~母国しか知らないのがいいのか?というと そうでもないし・・・

国数じゃなくて、長さにしても

旅の年月が長ければいいのか?というと そうでもないし・・・

じゃ~短ければいいのか?というと そうでもないし・・・

旅じゃなくても、金でも

金を持っていたらえらいのか?というと そうでもないし・・・

じゃ~貧しかったらえらいのかというと そうでもないし・・・

世の中、ひょっとすると そうでもないし事だらけかも~

いいとか、悪いとか、えらいとか、えらくないとか・・・そういうのんて 錯覚なのかもしれないと思いました。

そんな事より、心のコンパスが何処を指してるのかがいつも大事だと思った


35歳で、すみかをマンションから軽のバンに変えて

世の中の基準では、どうやら?おかしいみたいなのですが

僕から見ると、世の中の方がおかしくみえたりしてww

なんなんだろう世の中って思った


それぞれの目に移るものや感じる事が、それぞれの世の中であって

ほんとは、様々な世の中があって普通だと思うんだけど・・


誰なんだろうね?勝手にこうしなきゃとか、ああしなきゃいけないとか決めたの?


旅に出る前、おいらバンドをやっていて

その時、こんな出来事があったのを今でも覚えてる

バンドって何人かで一つの物を作る素晴らしいアクションだと思うんだけど

家族みたいにもなるし

でも何人かで物を作ると よくありがち?なのかは良くわからないけど

おれはこんだけやってきたのに

おまえは何もしてないとか

またその逆で、それを言われたり、自分が言ってたり・・∞

そんなんがバンドの中で出てきたりして

ある日偉そうにおいらが言ってる時に  

ふと、そんな偉そうに言ってる自分は、誰やねん!ってなった・・

そんな自分がなんか嫌になって・・・

長年やってたバンドを、やめて一人になった。


そして、偉そうにいってる自分は果たして一人で何が出来るんだろう?と


ギター弾いて歌う、いわゆる弾き語り的な事にチャレンジし出すも

うまくいかなくて・・・


やっぱり、一人じゃなんも出来ないんか・・・・と

たくさん考えて、たくさん悩んで、たくさん落ち込んだ・・・015.gif


その時、僕にやさしい言葉をかけてくれたり、同情してくれた人もいたんだけど

それでも、中々立ち上がれるわけなくて・・・


本当にそこから立ち上がるんは、

他の誰でもなく自分が立ち上がらなくちゃ~

何も変わらない事が、簡単な言葉じゃなく身に染みてわかった


そして、新たにゼロの状態からはじめた


で、車に住むってなると、最初は白い目された事もあったし

友達の輪から出るのはすごい勇気がいった

でもそれ以上に、自分の人生がこのまま終わる方がもっと嫌だったし

ゼロになってみなわからんことって一杯あった

家族、友達、人生、夢、季節ww・・・色んなことが今までと全くといって言いぐらい見え方が違った

当たり前のものが、当たり前じゃなくて・・

すべてが新鮮だった

というか、すべてはマンネリ化が起こしてた錯覚だったんだと気づいた


そして自分の敵は、国でもないし、人でも友達でもない

自分の物の見方だと思った


今まで自由、自由ってどんだけ大声で叫んでも

自由のカケラこれっぽっちも手に入らなかったけど

行動する事によって、本当の自由を全開で感じれた


今は自由だけじゃなくすべてに関して、叫ぶより行動だと思ってる。


旅に出て変った事は、生きていく事に必死になりだしたり

夢を持つだけじゃなく絶対叶えるんだという思いを持ち出した時から

何かが変わりだしたような気がする


そして、僕にとっての旅での醍醐味だったんは、

屋台の時とか新しい街へ行くたびに

スーパーすら何処かわからん状態から始まる感じ


アルゼンチンやブラジルでTシャツを作った時も同じだった。


あれがあったらとかじゃなしに

その場で、どうにかする感じというのか・・


そういう感じが旅の醍醐味だったっりして


それは理想ばかりを奏でる妄想世界ではなく、すべてが今ココでという状態

そうなると物の見方が変ってきたりして

自分が大事にする事も、変わってきたりもした



プライドとかもそのうちのひとつだった

今生きていくという事に視点をあわしてからは


今までプライドだと思っていたことが、そうじゃなくなった


それは、もちろん人それぞれで

僕の場合は、たくさんのプライドが取れて行く中

どうしてもとれなかったプライドは、自分でチャレンジして生きて行くというプライドだった

つまりそれ以外は、僕にとってはそんなにたいしたことじゃなくなった


でも、自分で生きて行くことに拘れば拘るほど

人に支えられてるのにも気付いたりした


中南米を旅した時、ペルーのマチュピチュを眺めていた時

今までかき氷やたこ焼きなどを買ってくれた人の顔が出てきて

僕はここまで一人で来たと思ってたけど

色んな人が、僕をここまで運んでくれたんだと感じて

マチュピチュも、もちろん良かったけど

そこでそういう事を感じれた事が僕の中ではとってもでかかった

そしてその後、マチュピチュに虹が出た・・・

もう自分の人生の中でも、素晴らしい瞬間のひとつで今でも宝物です。

人生の宝物って、ひょっとするとそういう瞬間を感じた事とかもしれない



しかし今思えば、屋台をやりだす前は、変なプライドの固まりだらけの男でしたwww

あれはかっこ悪いからイヤだ、これはダサいからイヤだ、それも・・・・イヤだって・・・

ただのワガママ坊主でしたww

そして今までバイトを何個かしたことあるけど、全部クビだし・www(朝は起きれないタイプみたいですw)

だから、将来の事とか考えたりした時期があって

おいらもうまじで、社会不適合者だって、落ち込んでたりもしてましたw

でも、そんなどうしようもないおいらでも、旅と言うものに出会って

なんかそこで様々な人と出会って、自分の中で色々なものが変わりだした

でも、旅を終わらすと せっかくそこで得た気持ちが時間が経つにつれ次第に薄れていって・・

気付けば、あの時は良かったな~って 昔の事の方が良く見える自分がいて・・・

そんなのを2度経験した

で、3度目 その旅での気持ちを忘れたくないために、住みかを家から車に移し毎日旅状態にした


恥ずかしい思い、辛い思いももちろんあったけど

生きてるって素晴らしいと思う瞬間がそれを勝った

だから、この旅に出て後悔なんてひとつもなく

人生というもの事体が素晴らしいと感じれた


そして今は社会不適合者より 自分のに嘘をついたりごまかしたりする自分不適合者?になりたくない。

つまり国、社会、人、友達とどんだけズレていようが自分の心には嘘をつきたくない



旅に出た時から今も変らないのは

一人の人間として物事を見ていたいという事


それがワンリトルトラベラーという名にも繋がってる


もともと屋台はじめる時に名前入るな~と思ってて

なんか自分の事だけじゃない意味のものがよくて

何にしようかな~考えてたら、たまたまBjorkのCDがあって

レーベル名見たらONE LITTLE INDIANって書いてて

えらいかっこいい名前だな~と思い

そっからONE LITTLEの響きと意味が気に入って

何にしようと思って見えてきたのが

世界には何億ともいう人がいて、それぞれがそれぞれの人生を旅していると思って

そして宇宙から見れば、それは誰もがひとつの小さな旅をしているトラベラーだらけだ

何処の国であろうが、大人もであろうが、年よりであろうが

子供であろうが、男であろうが女であろうが、結婚してようがしてまいが 

まずはひとりの人として人生を旅している

そこに光が当たって、これだ~と!!

ONE LITTLE TRAVELERに決めた001.gif


そして世界を目指すため日本を旅して、

夢を叶えるため、世界に旅に出た

中途半端じゃ無しに人生すべてをかけて旅をした


そして、世界一周 最終日を迎えた時

ずっと戦ってきた自分の右手を見た

そしたら、手のひらは腫れてるし

爪にヒビ入ってたり、欠けてたり

なんか、もうぼろぼろで・・・

ほんと、うまくならなぁ~って苦笑いがでた037.gif


でもその手には、何ひとつ嘘なんてなくて

そこには、今まですべての旅路が書かれていた

それが、僕の世界地図だと思った058.gif



そして世界一周して帰って来て思ったのは、何処の国であろうが人の持つ核の部分では同じだと

優しい人もいれば、つめたい人もいれば、暖かい人もいれば、嫌な人もいる。

僕達が見る普段の景色は、世界中何処に行っても同じだと思った事


とにかく、何でもやってみなきゃわからないって事


目に見えないものとのいたちごっこはもうやめて

自分を信じて、自分の道を行く事

人や社会や国なんかが言ってる事なんて、すぐ変るんだからw


そして、限られた人生で限れない瞬間を探して

一分一秒でもいい時間を送るために生きていこうと思った事


そして、僕は夢が叶った

もちろん、僕にとっておそらく忘れる事のない出来事のひとつだと思う

でも、帰ってきて少し時間が経って今思う

それは人生にとっては、普段の生活の喜怒哀楽と同じように、ほんのひとかけらであったという事


つまり、すべてではないって事


それより人生と言う旅事体の方が、ひょっとすると夢なのかもしれないと思った。


だから夢が終わるその瞬間まで


一分一秒でもいい時間が過ごせるように、人生を旅しようと思った



何処かに行く事だけが旅じゃなく


もうすでに旅は始まっている


今そこやあそこやここで誰もが旅の途中って事


でも、それは永遠なんかじゃない


いつ何処で終わるかもわからないんだ


だから何処で終わってもYESと言えるように


僕は僕の人生を旅する!!



ONE LITTLE TRAVELER

とに~

b0164291_3143079.jpg


メッセージをくれた人たち
b0164291_3181670.jpg


たくさんの笑顔との出会い
b0164291_0393383.jpg


旅先でギターを教えてくれた人たち
b0164291_3465793.jpg


Tシャツ買ってくれた人たち
b0164291_6401096.jpg


音楽を一緒に出来た事
b0164291_3562454.jpg


日本の震災の時にメキシコーペルーボリビアで、

日本へのメッセージを集めていて、書いてくれたり募金してくれた人たち
b0164291_6392222.jpg


充分な資金はたまらなかったけど、世界へ行こうと決意した事
b0164291_341049.jpg


音楽に国境はないと実感出来た事
b0164291_22112932.jpg


世界でもたくさんの笑顔に出会えた事
b0164291_2292532.jpg


最後までやりきった事
b0164291_3391755.jpg


そして、日本に帰ってこれた今

僕に起こって来たすべての出来事

何より、世界に行って来ていいよ~と言ってくれた母

家族、友達、出会った人、応援してくれた人、してない人 すべてに感謝以外ない


ありがとう、Thank you 、Gracias、Obligado、 Tesekkur ederim、고맙습니다、Maholo、謝謝

ขอบคุณ ครับ、Mercy、Danke、Terima kasih、شُكْرًا、Grazie・・・・ :)
b0164291_2227954.jpg



旅続く・・・
[PR]
# by balloon241274 | 2013-07-17 22:54